【悲報】小出恵介、500万要求され、支払わずにFRIDAYに売られる!

FRIDAYに17歳女子高生との飲酒と淫行を報じられ、無期限活動停止を発表した俳優、小出恵介(33)が相手の17歳の女子高生から500万円を要求されているとの報道がでました。

自分で交渉に対応、200万で話はまとまる

報道によりますと、相手の17歳女性から500万円の支払い要求があり、事務所に相談せずに自分で交渉に応じ、事態の収集を図ったそうです。

相手側の提示金額は500万。その後の交渉で200万円で話はまとまったそうですが、周囲に止められ、支払わなかったそうです。

所属事務所がこのことを知ったのはフライデーから問い合わせがあり、本人に確認した時で、事務所に相談する前にこの金銭交渉は終わっていたとのことです。

しかし、このことで、FRIDAYに掲載され、出演予定だった映画やドラマの放映中止、CM降板などで、違約金や賠償請求額は億単位、5億くらいになるのではないかと言われています。




17歳女子高生の話に食い違いも

記事によると、17歳女子高生は小出とのことを「本当に最悪でした」とフライデーの取材に応えているにも関わらず、本人のツイッターでは「小出恵介くんと2人でbar2件言ってなんやかんやおしゃべりして帰ってきた。カッコよかったよ~(笑)」と投稿して、フライデーに掲載された写真と同じ写真のカラー版を載せています。

これって、小出恵介、はめられた?

しかし、ここにきて共演した芸能人仲間や同級生、夜の街で見かけた人などから、かなり酒癖が悪い、挨拶しない、チャラいなど、よい評判が聞こえてこないところからも、33歳にもなっての自覚のなさがこんな大きなことになってしまったのは自業自得ということなんでしょうか。

総会前に謝罪記者会見

小出恵介は今回の件で謝罪記者会見をするのではないかと言われています。

所属会社の株主総会が25日にあるため、その総会前に謝罪の記者会見を行うのではないかということです。所属会社は上場企業で、この一件で株価は騒動発覚時に110円安の3010円となり、一時は2860円まで下がったが終値は前日と同じ3010円。株主総会を控え、小出、事務所、顧問弁護士が会見開催について話し合っているとのことです。

多額の賠償金も発生して、ちょっとした火遊びか大火事になってしまいましたね。

事務所は社会に対して責任をちゃんと果たすべきという考えで解雇はしない方針。謝罪会見を行い、その後、ドラマ、映画、CMなど関係各所に謝罪行脚を行う予定だという。