• 投稿 2017/06/06
  • 芸能
橋爪遼容疑者・出演映画「たたら侍」9日に上映終了!上映期間、たった3週間。

覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕された俳優の橋爪遼容疑者が出演していた映画「たたら侍」の公式HPによると、最短で6月9日に上映を終了することが発表されました。

「映画『たたら侍』の出演者に関する一連の報道を受けまして、『たたら侍』製作委員会において協議を行いました結果、やむを得ず、最短で6月9日をもって上映を終了することとなりました。

今後も皆様に映画『たたら侍』をお届けできる環境を整えるべく、引き続き検討してまいります。

何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。」

と発表されています。




鍛冶大工の手子、熊吉役で出演も、すぐに名前削除されていた

公式サイトではキャストとして橋爪遼容疑者の名前が早々に削除されていましたが、この映画は5月20日に公開されたばかりで、たった3週間での上映終了となります。

たたら侍はEXILEのHIROが初めてエグゼクティブ・プロデューサーを勤め、第40回モントリオール世界映画祭のワールドコンペティション部門で最優秀芸術賞、ディレクターズ・フォートナイト・コルカタ映画祭 国際長編映画部門 金の女神賞 (グランプリ)を受賞しています。

戦国時代の奥出雲を舞台に「たたら吹き」継承を宿命づけられた青年が、侍に憧れて村を飛び出す中で葛藤や挫折を通して真の「武士」へと成長していく様を描く本格時代劇でした。

そのため、EXILEと島根県・奥出雲で「たたら侍」のオープンセットをテーマパーク化した「たたら映画村」、EXILEプロデュースの「居酒屋えぐざいる」などのイベントも開催されるなど、映画が盛り上がる準備万端で上映スタートしていただけに出演者や関係者のみならず、映画ファンからも残念な声が多く寄せられています。

橋爪遼容疑者は舞台挨拶にも登場して映画をアピールもしていました。

この映画は、予定通り上映されたとしての収入だけでなく、DVD発売など、損害額はかなりなものとなりそうですが、橋爪遼容疑者へ賠償請求されるのでしょうか?

30歳とはいえ、父親の橋詰功にも影響が出始め、当面、活動自粛されるそうです。

やすらぎの郷降板、さんま御殿は極力、カットで対応

今、人気の連続ドラマ「やすらぎの郷」にも出演していましたが、すでに収録済みの出演シーンについては再編集でカットし、以降、降板が決定しています。

橋爪遼容疑者は主演の石坂浩二、浅丘ルリ子らが入所する介護施設「ラ・ストラーダ」で逮捕歴のある介護士を演じていましたが、同容疑者の名前は3日夜には、番組ホームページから削除されています。

6日(19:00-20:54)に放送される「踊る!踊る!さんま御殿!! 最強2世軍団が大暴露 有名人の妻が大モメ祭』にも出演予定だったが、出演シーンを極力カットして対応するそうです。この日の放送は、2世芸能人が集合するパートに出演し、収録で橋爪遼容疑者は、父・橋爪功の変なこだわりに困惑するといったトークをしていたそうです。

現在、撮影中だった映画も含め、被害額は相当になりそうですね。

父・橋爪功も仕事キャンセルへ

息子・橋爪遼容疑者が逮捕されたため、父・橋爪功にも仕事にかなりの影響が出始めています。

事務所によると、仕事相手に迷惑を掛けてしまってはいけないから、やりたくない」と仕事をキャンセルしているとのことです。また、今後、橋爪遼容疑者と席巻し、事実関係や状況の把握をした後で、週明けにもコメントを発表するか記者会見を行う予定だそうです。

75歳にもなる父親にも大きな迷惑をかけ、今、上映中の「家族はつらいよ」が現実になってしまいましたね。