藤山直美 初期の乳がんで治療に専念。舞台は中止。

 

女優の藤山直美さんが初期の乳がんであることがわかり、

3月に名古屋、4月に大阪で上演予定の舞台「おもろい女」は全日程中止。

7月の「喜劇松竹名作公演」は休演になったそうです。

おもろい女

 

1月に受けた検診で乳がんが発見され、再検査で右側乳房に

初期の乳がんが見つかり、まだ、手術や放射線治療などの

治療方針は決定していないそうですが、初期ということなので、

ちゃんと治療をして、元気に復帰されることを願っています。

 

藤山直美さんは10年前から毎年1月に乳がん検診をされていたそうで、

1月の検診で要再検査となり、2月に初期の乳がんと診断されたそうです。

まだすべての検査は終わってないそうですが、今後は通院検査をしながら

主治医の指示に従いながら、治療されていくそうです。

ご本人は比較的冷静に、診断を受け止めて、

医師に全てを任せて治療されるとのことです。

 

 

藤山直美さんといえば、日本を代表する藤山寛美さんの娘さんで

軽妙なトークは父親譲りのかなり面白いトークで私も大ファンです。

 

藤山寛美さんの松竹新喜劇もよく中座へ見に行きました。

笑いあり、涙ありの楽しい舞台でしたが、

寛美さんは1日も休まず、舞台を続けている鉄人で有名でした。

 

そんな寛美さんの血を引く直美さんも今回の舞台を中止したり、

休演することにとても心を傷められているのではないかと思います。

 

藤山直美さん コメント (中日劇場HPより)

この度は私事により、中日劇場・新歌舞伎座公演『おもろい女』を休演させていただくことになりましたことを心より深くお詫びいたします。

誠に残念ながら公演中止に至り、『おもろい女』をお客様にご覧戴けない事を、

何よりも大変心苦しく思っております。
皆々様に少しでも早くお目に掛かれますよう、お医者様の方針に従って治療に

専念させて戴きます。
このたびのことをお客様に重ねて深くお詫び申し上げます。
平成29年2月18日

 

 

きっとそんな直美さんの気持ちが痛いほどわかる芸人さんや

日頃から可愛がられているスポーツ選手など、いろいろな方から

直美さんに応援のメッセージを寄せられることでしょう。

 

すでに阪神の西岡選手が18日、左アキレス腱断裂後初となる

屋外での打撃練習で、柵越え4発を披露し、直美さんに熱いエールを送りました。

 

もともと親交が深く、「オカン」「ツヨシ」と呼び合う間柄で

西岡選手が去年の7月に巨人戦でアキレス腱断裂後にすぐに電話でゲキを

とばされたそうです。

 

「死ぬ以外はかすり傷や。頑張れとは言わん。やれ!」

 

今回も公表前に乳癌と診断されたことを本人から連絡を受けていたそうです。

 

今キャンプ前にも一緒に食事をして、母親のように慕っている西岡選手は

現役続行への気持ちが揺らいでいた時に再起への後押しをしてくれた直美さんに

「今度は俺がパワーを上げる番」とエールを込めて、初めて外で打ったとのことです。

 

最近は市川海老蔵さんの妻・小林麻央さんや北斗晶さん、南果歩さんなど

芸能人でも乳がんで闘病される方が多くいらっしゃいます。

なんでも今や女性の12人に1人の割合で乳がんになっているそうです。

 

たまたま18日の「世界一受けたい授業」で乳がんについての授業がありましたので、

ご参考にそちらの内容もご覧ください。